産後は肌が敏感になる?産後のファンデはパウダー?リキッド?

子供を産んで肌質が変わるのはなぜ?

出産してから、お肌が敏感になったと言う人も意外に多いものが、
一体どうしてなんでしょう?

 

その理由は、女性の体の仕組みにあります。

 

出産した直後の子宮は、約6週間で元の大きさに戻ろうとするために、
急速に収縮していていきます。

 

今まで大量に分泌されていて女性ホルモンの量も激変していくので、
このようなホルモンバランスの変化や、育児に伴う睡眠不足といった、
様々な要因でお肌のトラブルが表面化していくのです。

 

その代表的なトラブルに、お肌のバリア機能の低下がありますが、
その結果、敏感肌やシミや湿疹が現れたりするという訳です。

 

すなわち、産後に肌質が変わってしまった人は、
今までのファンデーションでは、合わなくなってしまう場合が多いのです。

 

お肌に合わないファンデーションは、更に肌トラブルをひどくしますので、
自分に合ったファンデに変える必要があるでしょう。

 

産後の敏感肌にあうファンデはどのタイプ?

 

では、敏感肌に合うファンデーションは、どのようなタイプが良いのでしょう?

 

ファンデーションには様々タイプがありますが、その中でも代表的なものが、
パウダータイプとリキッドタイプです。

 

その名前の通り、パウダータイプとは粉状のファンデーションのことを指し、
リキッドタイプとは液状のファンデーションのことになります。

 

そして敏感肌の場合には、パウダータイプのファンデーションが、お勧めです。

 

その理由としては、パウダータイプの方が水分や油分が少なく、
肌に与えるダメージを最小限に抑えることができるからだといえるでしょう。

 

パウダータイプですと、肌への密着度が低いため、長時間付けていても、
肌への負担が軽いというのもあります。

 

しかし、カバー力の高さはリキッドタイプの方が上になるため、
パウダータイプのファンデーションを敬遠する人も少なくありません。

 

そういった人は、同じパウダータイプでもミネラルファンデーションを使うことで、
カバー力をキープしたまま、肌への負担を減らすこともできるといえます。

 

また、通常のファンデーションのような化学物質が含まれていないので、
ミネラルファンデーションを使い始めてから、肌の調子がよくなったという、
敏感肌の人も多くなっています。

 

すなわち、産後の敏感肌にも対応していて、
カバー力も優れているミネラルファンデーションを使うのが理想的なのではないでしょうか?

 

こちらに産後のお肌にも、そして赤ちゃんに触れても大丈夫なミネラルファンデーションの比較がありますので、
参考になさって下さい。

 

>> 肌に優しいミネラルファンデーションランキング


このページの先頭へ戻る