産後 肌荒れ

その肌荒れはホルモンバランスの乱れかも?

これまでは肌トラブルが全く無かったという人でも、出産後に、
肌荒れを起こしやすくなったというケースが、とても多くなっています。

 

これには、いくつかの理由が考えられるでしょう。

 

まず最も大きな原因としては、体内の女性ホルモンのバランスが、
乱れているということが挙げられます。

 

女性ホルモンというのは、肌の新陳代謝にとても強い関わりがあります。
本来肌は、ターンオーバーを繰り返すことで、
一定期間で新しいものに変わるのですが、妊娠や出産によって、
女性ホルモンのバランスが崩れると、このターンオーバーが正常に、
行われなくなるのです。

 

したがって、潤いのない乾燥肌になってしまったり、
湿疹が出来てしまったりといった、肌荒れを起こしてしまうといわれています。

 

睡眠不足

次に挙げられる原因には、睡眠不足があります。
赤ちゃんが生まれて間もない頃は、3時間おきに授乳をしなければならず、
ママがまとまった睡眠時間を確保するのが、難しいといえるでしょう。

 

睡眠というのは、肌を休めるのにも大切な要素で、
不規則な生活パターンが続くと、その結果はそのまま肌に現れます。

 

ですので、産後に肌荒れがきつくなったと感じたら、
敏感肌用のコスメに変えた方が良いでしょう。

 

ファンデーションにも注意

このように、ただでさえ肌荒れを起こしやすい産後では、
日常使用するファンデーション選びも、慎重に行う必要があります。

 

水分や油分、防腐剤などの化学物質が含まれているファンデーションは、
さらに肌荒れを悪化させることにつながるので、産後の使用はお勧めできません。

 

ですので、ミネラルファンデーションのような天然由来の成分のみを使用した、
ファンデーションを使うのが得策だといえるでしょう。

 

ママが選んだミネラルファンデーションランキングを見る


このページの先頭へ戻る